妊婦を応援❘葉酸サプリは平均1日480μgの摂取が理想

男性ドクター

無精子症の治療法

悩む男性

男性と女性が通常通りの性行為をしても、男性が射精する精液に精子がいなければ妊娠する可能性はとても低いとされます。男性不妊となる無精子症はとても珍しいもので、本来精子が蓄えられる精巣で異常が起こり、精子を作る機能が低下する症状を言います。精巣の異常が原因となって無精子症となった場合、妊娠を成功させる為には精子バンクを利用する男性不妊治療を受けることが必須になります。しかし、精巣から体外へ射精される途中経路が、何らかの影響によって塞がっているだけの無精子症であれば、塞がっている箇所を開く手術を行なうことで解消されるでしょう。塞がっている箇所が見つからなければ、精巣がある睾丸から直接精子を採取し、人工的に受精させることも可能です。ひとくくりに無精子症とは言っても、生殖機能が衰えているものかそうでないものかによって、男性不妊治療の方法は異なってくるでしょう。

男性にとって大切な生殖機能を果たしている精巣は、とても熱に弱いものです。その為、精巣本来が持つ生殖機能が衰えやすくなるでしょう。その熱にはサウナ、パソコン、などがあります。また下着の締め付けで風通しが悪くなるだけでも良くないとされています。男性不妊症を予防する為には、日頃から気をつけるべきことが多くあると言えるでしょう。男性、女性共に不妊症になる可能性はありますが、今では最新の医療技術によって妊娠を望める可能性はとても高くなっています。

Copyright© 2016 妊婦を応援❘葉酸サプリは平均1日480μgの摂取が理想 All Rights Reserved.